ラグビーワールドカップ日本代表を徹底分析!この選手に注目せよ!

 

ラグビーワールドカップ2019日本代表

2015年、ラグビー日本代表が南アフリカを破るという、歴史的勝利から3年。
ラグビーワールドカップ2019日本大会まで、いよいよ1年を切りました。
日本大会を盛り上げる為に、ラグビーワールドカップの魅力を紹介します!

ラグビーワールドカップとは世界三大スポーツイベントのひとつだ!

ラグビーワールドカップとは、夏季オリンピック、FIFAワールドカップ(サッカー)とともに、世界3大スポーツイベントの1つに挙げられる、ラグビーの世界一を決定する世界選手権大会です。
この世界を代表するスポーツイベントが、日本で行われ生で見ることができるのは、一生に一回のことでしょう。

そんなラグビーワールドカップは、第1回大会が1987年に開催され、次回(第9回)2019年大会がアジアで初めて日本で開催されます。
世界40億人がテレビ観戦する大会であり、世界中の注目が日本に集まる2ヵ月間になります。

大柄で屈強な肉体をしたFWのぶつかり合い。
力強さ、速さ、華麗さを兼ね備えたBKのランニング。
全国各地で繰り広げられる世界レベルの熱い戦いを間近で観戦できる機会が、もう10ヵ月後に迫っています。

ラグビー日本代表は大きな転機が3つあった!

低迷期

世界3大スポーツの1つであるラグビーワールドカップですが、日本国内の知名度やメディアでの取り上げられ方は、夏季オリンピック、FIFAワールドカップと比較すると、大きく劣るのが現状です。
その要因の1つに、長年の日本代表の低迷が挙げられます。
アジア圏では敵なしの強さで、ワールドカップにも第1回大会から8大会連続で出場しています。
しかし、ワールドカップでの成績は、1勝2分21敗(第1回大会~第7回大会)という、世界の上位国とは大きな差がありました。

転換期

長い低迷期にいた日本代表ですが、前回(第8回)大会で大きな転換期を迎えます。
まず、大会前に第9回ワールドカップの日本開催が決まりました。
そのような状況で迎えた大会の日本代表の初戦、対戦国はティア1(世界上位の強豪国に与えられる階級)の南アフリカ
大方のラグビーファンの関心は、優勝候補の南アフリカが日本代表相手にどれくらいの点差で勝利するか?というところでした。
ところが、いざ試合が始まると、拮抗した試合展開になり、会場の観客も日本代表の健闘を称え、日本代表を後押しする声援となります。
そして、ラストワンプレー。
日本代表が引分けを狙える状況でも、果敢に逆転を狙うプレーを選択し、逆転のトライ!
世界中のラグビーファンを熱狂させる試合(34-32)となりました。
大会の成績は、3勝1敗
惜しくも決勝トーナメント進出は逃しましたが、日本代表にとって大きな進歩となる大会となりました。

飛躍期

そして、2019年第9回大会を、自国開催で迎えます。
前回大会以降のテストマッチにおいても、強豪国と互角に渡り合う試合を繰り広げており、現在の日本代表には、以前(低迷期)の面影は一切ありません。
しかし、ティア1の強豪国との力の差は、まだ少なからずあるのが現状です。
第9回大会では。本当の意味での強豪国の仲間入りをする為にも、決勝トーナメントに進出し、飛躍の大会にしなければなりません!

ラグビー日本代表の注目選手を紹介!

 

日本代表を紹介

ラグビーワールドカップ2019で活躍が期待される日本代表全選手を注目、応援しておりますが、特に注目すべきキーマンの選手を紹介します。

福岡堅樹(ふくおかけんき)

ポジション:ウイング
世界レベルのスピードを持ったトライゲッターです。
小柄な体型ですが、ディフェンス能力も高く、攻守ともに日本代表のキーマンです。
15人制の日本代表は、今回のワールドカップで引退。
7人制の日本代表も2020年東京オリンピックで引退し、その後は、医師を目指す!という文武両道のスーパースターです。

田中史朗(たなかふみあき)

ポジション:スクラムハーフ
日本人初のスーパーラグビー(南半球3ヵ国の世界最高峰プロリーグ)選手として、日本代表を先導してきたベテラン選手です。
166㎝と非常に小柄な体型で、大男に立ち向う姿にいつも感動させられます!
34歳(大会時)になる今回のワールドカップは、田中選手の集大成となり、きっとこれまで以上に熱いプレーを見せてくれます。

姫野和樹(ひめのかずき)

ポジション:フランカー、NO.8
大学卒業後1年目から、トップリーグで活躍(トップリーグ新人王)。
日本代表初キャップのオーストラリア戦ではトライも奪い、大きなインパクトを残しました。
フランカー、NO.8には、外国出身選手を起用することが多かった日本代表にとって、待望の日本人FWであり、甘いルックスと力強いラインブレイクで、多くのファンから愛されるこれからの日本代表を支える選手です。

リーチマイケル

ポジション:フランカー、NO.8
日本代表のキャプテンであり、精神的支柱。
リーチマイケル選手のひた向きなプレーとキャプテンシーが、現在の日本代表を築き上げたと言っても過言ではありません!
攻守ともに世界レベルのプレーを、80分間披露し続ける姿は感動の一言です。
リーチマイケル選手にとっても、田中選手同様、今回のワールドカップが集大成となります。
是非、決勝トーナメントに進出し、満面の笑みを浮かべてインタビューに応えるリーチマイケル選手を見たいです。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ