ラグビー日本代表2019メンバー!セカンドローは優しい大男達

ラグビー日本代表メンバー解説
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップまで4ヵ月。

今までラグビー観戦をしたことがない人も、まず、ラグビーに興味を持ってもらい、2019年ラグビーワールドカップ本番までに、ラグビーファンになってもらいたいと思います。
ラグビーには、15のポジションがあり、それぞれのポジション毎に役割があります。

今回は、フォワードのセカンドローと呼ばれるポジションの役割を紹介します。

フォワード(FW)のセカンドローとは?

15のポジションのうち、背番号1番から8番の選手のポジションをフォワードと呼び、背番号9番から15番の選手のポジションをバックスと呼びます。

セカンドローと呼ばれるポジションは、フォワード8人の中で、背番号4番の「左ロック」と5番の「右ロック」の選手のことです。

ラグビーの試合中、フォワードの仕事の1つとして、スクラム(両チームのフォワード8人が肩を組み押し合いボールを争奪するセットプレー)があります。
セカンドローの2人は、2列目で最前列の3人を支え、対戦相手を押し込みます

また、ラインアウト(ボールがタッチラインを出た際に、スローインでのプレー再開)では、ジャンパーとしてボールキャッチの役割があります。

セカンドローの2人には、パワーと、身長と、さらに運動量も求められます。

ロックの役割とは?

背番号「4番」 左ロック(左LO)

左ロックと右ロックの役割に大きな違いはありませんが、左ロックには、ジャンパーとしての跳躍力がより求められます。

ラインアウトや、キックオフのボールを確保する為、高い跳躍力と、競り合いに負けないパワーが必要です。

また、ラインアウト後のモール(ボールを保持した状態での密集戦)では、最前列でモールをコントロールする役割があります。

ラックと呼ばれる密集地帯のボール争奪戦では、体を張り、マイボールにする役割もあります。

背番号「5番」 右ロック(右LO)

右ロックは、スクラムの時に、背番号3番の右プロップの後ろを支えるので、対戦相手の押し込みに耐える為のパワーがより求められます。

ラグビー大国ニュージーランドでは、少年はロックを目指す!と言われており、強くて頼りになる男の代名詞となっています。

セットプレーでの貢献とともに、アタックの時は、大きな体を活かした突進で、対戦相手のディフェンスラインに穴をこじ開けます。

心優しい寡黙な大男!ロック「大野均」

2015年ラグビーワールドカップ、最年長でラグビー日本代表に選出された大野均選手

エディー・ジョーンズヘッドコーチの世界一の練習量に、若手の選手が悲鳴を上げる中、黙々と練習をこなす姿が、ロック大野均選手の全てを表しています。

大学からラグビーを始めて、ラグビー日本代表キャップ数(テストマッチ出場試合数)は98を数えます。

ロックというポジションは、チームで1番の大男が担うポジションであり、強豪国のロックの選手は身長200㎝、体重120kgを超える選手が大半の中、192㎝、105kgと決して大きくない体で、40歳になる今でも、第一線で戦い続けています。

2019年日本で開催されるラグビーワールドカップは、41歳で迎えることになりますが、まだ、代表復帰への望みは捨てていません。
若手選手や、外国出身選手にも負けない、がむしゃらな運動量と、今まで培ってきた経験を武器に、2019年ラグビーワールドカップの舞台を目指します。

41歳でラグビーワールドカップの舞台に立てば、大会の最年長記録を更新することになります。

ロック大野均選手の挑戦に、日本中のラグビーファンが注目しています!

ラグビー日本代表、注目選手!(セカンドロー編)

ヘル・ウヴェ ロック


トップリーグではフランカーとしてプレーすることもあり、ボールキャリアとしてのラインブレイクやラックでのジャッカル(タックル成立後に対戦相手がダウンボールした際、ボールに絡み、奪ってターンオーバーすること)など、激しいプレーが特徴の選手です。

ヴィンピー・ファンデルヴァルト ロック


端正なルックスと真面目で直向きなプレーで、全てのラグビーファンを魅了します。
体を張ったディフェンスと、80分間休むことなく働き続けるスタミナのある選手です。

アニセ・サムエラ ロック


ラインアウト、スクラムで強さを発揮します。
ボールキャリアとしての突破力もあり、ロックとしての総合力が非常に高い選手です。

サム・ワイクス ロック


サンウルブズの中心選手であり、空中戦の強さとアタック時の突破力が特徴の選手です。
2019年ラグビーワールドカップの時には、ラグビー日本代表資格の取得条件(国内居住3年以上)もクリアされています。

大野均(おおのひとし) ロック

View this post on Instagram

〜大好きな選手紹介〜 . 私が「好きな選手は?」と聞かれたら間違いなく大野均選手と答えます! . 大野選手は地元が自分と同じ福島県出身です。 . 日本代表キャップは98と歴代トップです! . 高校までは野球をやっており、大学からラグビーを始めたという異色の経歴を持っています。 . 大野選手と初めてお会いした時は東日本大震災のあった2011年、東芝の選手の皆さまが福島県内の高校生ラガーマンを対象としたクリニックの時でした。 . 今思うと凄い事ですが、スクラム練習の際に自分と一緒にスクラムを組んでもらったのを覚えています。 . 大野選手の座右の銘は 【灰になってもまだ燃える】だそうです。 . 40歳を迎えてもまだ現役を続けられてる大野選手、すごいです。 . 大野選手のようなカッコいい男になれるよう頑張ります。 . #rugby #rugby🏉 #ラグビー #ラグビー日本代表 #ラグビートップリーグ #ラグビー🏈 #ラグビー🏉#ラグビー部 #ラグビー好きな人と繋がりたい #ラグビー日本代表 #ブレイブブロッサムズ#braveblossoms #東芝ブレイブルーパス #大野均 #大野均選手 #福島出身 #抱きしめたいほどの人生を #teampleasure#ベイクウォーター

A post shared by 藤田将寛【スポーツ好きな理学療法士】 (@masa.chanko.rugby.3) on

日本を代表するロック。
2019年ラグビーワールドカップの時には、41歳になるが、衰えぬ仕事量と闘志で、代表復帰を狙う。

真壁伸弥(まかべしんや) ロック

外国出身選手が候補の多くを占める中、2015年ラグビーワールドカップ、南アフリカ戦終盤の真壁伸弥選手の闘争心溢れる表情は、今でも脳裏に焼き付いています。
円熟期を迎える2019年ワールドカップでも、真壁伸也選手の闘争心が必要な時が必ずきます。

⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フルバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【スリークォーターバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【ハーフバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【バックロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フロントロー】の選手はこちら。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ