ラグビー日本代表2019メンバー!スリークォーターバックは切込隊長

ラグビー日本代表メンバー解説
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップまで4ヵ月。

今までラグビー観戦をしたことがない人も、まず、ラグビーに興味を持ってもらい、2019年ラグビーワールドカップ本番までに、ラグビーファンになってもらいたいと思います。
ラグビーには、15のポジションがあり、それぞれのポジション毎に役割があります。

今回は、バックスのスリークォーターバックと呼ばれるポジションの役割を紹介します。

スリークォーターバックとは?

15のポジションのうち、背番号1番から8番の選手のポジションをフォワードと呼び、背番号9番から15番の選手のポジションをバックスと呼びます。

スリークォーターバックと呼ばれるポジションは、バックス7人の中で、背番号11番から14番の選手のポジションのことです。

背番号12番と背番号13番の選手のポジションを「センター」と呼び、背番号11番と背番号14番の選手のポジションを「ウイング」と呼びます。

スリークォーターバックとは、スタンドオフから展開されたボールを受け取り、ランスキルやパススキルでラインブレイクし、トライを奪う役割を担います。

また、ディフェンスの時は、対戦相手のバックスのアタックをタックルで食い止めます。

センター(CTB)の役割とは?

センターには、アタックの時は、スタンドオフから展開されたボールをウイングに中継する役割と、自らのランスキルでディフェンスラインを突破する役割があります。

ディフェンスでは、スタンドオフの周辺をアタックしてくる対戦相手の選手を、タックルで止めなければなりません。

背番号「12番」 インサイドセンター

インサイドセンターは、スタンドオフのすぐ横に位置するので、パススキルと、力強いランスキル、そして対戦相手のフォワード、バックス両方のアタックを止められる、タックルスキルとパワーが求められます。

強豪国のインサイドセンターには、フォワード顔負けのパワーがある大柄な選手が増えてきています。

背番号「13番」 アウトサイドセンター

アウトサイドセンターは、ウイングの横に位置するので、より、スピードとランニングスキルが求められます。

ディフェンスの時も、対戦相手のウイングに負けないスピードとタックルスキルが求められます。

ウイング(WTB)の役割とは?

背番号11番を左ウイング、背番号14番を右ウイングと呼びます。

ウイングの役割は、フォワードが密集地帯で確保したボールを、スクラムハーフ、スタンドオフ、センターと繋ぎ、最後にトライに持っていくことです。

両翼で、パスを受け、対戦相手のディフェンスラインをスピードや、華麗なステップで振り切るフィニッシャーです。

ディフェンスの時は、対戦相手のキックに対応する機会が多く、ハイパント(高くボールを蹴り上げ、味方選手と対戦相手を競り合せて、ボールを確保する為のキック)などの処理能力も必要になります。

ウイングには、どのチームにも比較的小柄でスピードやキレのある選手が起用されてきましたが、最近では、大柄でパワーのある選手を起用するチームも増えてきています。

対戦相手の小柄なウイングに対して、パワーで突破をはかる為です。

ラグビー日本代表、注目選手!(スリークォーターバック編)

ティモシー・ラファエレ センター、スタンドオフ

左足でのキック、パススキル、ランスキルと高いアタック能力を持っている選手です。

また、ディフェンス面でもチョークタックル(対戦相手のボールキャリアを抱え込むように止め、ダウンボールさせない)などでターンオーバーを狙います。

梶村祐介(かじむらゆうすけ) センター

今年、強豪サントリーサンゴリアスで、トップリーグデビューを飾った有望な若手選手です。

力強いランとタックルが特徴で、トップリーグ1年目からレギュラーとして活躍しています。
2019年ラグビーワールドカップでも活躍が期待されます。

立川理道(たてかわはるみち) センター、スタンドオフ

2015年ラグビーワールドカップで大ブレイクした選手の1人です。

日本代表VS南アフリカでの勝利の立役者は、間違いなく立川理道選手です。
パススキル、ランスキルが非常に高く、また、タックルも強い選手です。

福岡堅樹(ふくおかけんき) ウイング


世界レベルのスピードを持ったトライゲッターです。

一瞬でトップスピードに乗ることができ、対戦相手を置き去りにします。
15人制のラグビー日本代表は、2019年ラグビーワールドカップで引退

7人制のラグビー日本代表も2020年東京オリンピックで引退し、その後は、医師を目指す!という文武両道のスーパースターです。

レメキロマノラヴァ ウイング

爆発的なスピードとバネで、7人制ラグビー日本代表のエースとして、2016年リオデジャネイロオリンピック・ベスト4に大きく貢献し、大会優秀選手賞にも選出されました。

爆発的なスピードは、強豪国相手でも十分通用します。

山田章仁(やまだあきひと) ウイング

とにかく、「大舞台に強い!」選手です。

スピードと変幻自在のステップを駆使し、トライに繋げるフィニッシャーです。
2015年ラグビーワールドカップ、日本代表VSサモアでの「忍者トライ」は山田章仁選手にしかできない技です。

奥さんは、非常にきれいな外国人女性タレントさんです。

⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フルバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【ハーフバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【バックロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【セカンドロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フロントロー】の選手はこちら。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ