ラグビー日本代表2019メンバー!バックローは攻守の必殺仕事人

ラグビー日本代表メンバー解説
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップまで4ヵ月。

今までラグビー観戦をしたことがない人も、まず、ラグビーに興味を持ってもらい、2019年ラグビーワールドカップ本番までに、ラグビーファンになってもらいたいと思います。
ラグビーには、15のポジションがあり、それぞれのポジション毎に役割があります。

今回は、フォワードのバックローと呼ばれるポジションの役割を紹介します。

バックローとは?

15のポジションのうち、背番号1番から8番の選手のポジションをフォワードと呼び、背番号9番から15番の選手のポジションをバックスと呼びます。

バックローと呼ばれるポジションは、フォワード8人の中で、背番号6番から8番の選手のポジションのことです。

背番号6番と背番号7番のポジションを「フランカー」背番号8番のポジションを「No.8」と呼びます。

ラグビーの試合中、フォワードの仕事の1つとして、スクラム(両チームのフォワード8人が肩を組み押し合いボールを争奪するセットプレー)があります。

フランカーの2人は、2列目の左ロックの左横と、右ロックの右横にそれぞれ位置し、スクラムの押し込む方向をコントロールします。

No.8の選手は、ロックの後ろ、最後方に位置し、フッカーがフック(ボールを足で引っかけて、自軍側にボールを運ぶ)したボールを収め、コントロールします。

15のポジションの中でも、最も仕事量が多いと言われる、バックローの役割について、ポジション毎に紹介します。

フランカー(FL)の役割とは?

フランカーはディフェンスの時も、アタックの時も、とにかくボールのあるところに現れ、マイボールにする為の仕事をします。

ディフェンスの時は、誰よりも対戦相手にタックルにいき、対戦相手のフォワードの突進を止めます。
また、密集地帯のボール争奪戦では、ジャッカル(タックル成立後に対戦相手がダウンボールした際、ボールに絡み、奪ってターンオーバーすること)でチームのピンチを防ぎます。

アタックの時は、力強いランでのラインブレイクと、味方のボールキャリアがタックルされれば、誰よりも早く接点に入り、マイボール確保を行います。

フランカーの仕事を一言で言えば、チームが困っているところに必ず現れ、体を張ってチームを助ける仕事です。

タックル、ジャッカルなどのディフェンススキルと、ランやハンドリングなどのアタックスキル、また、チーム一の仕事量を80分間行う為のフィットネスと、3拍子全てを兼ね備えている選手しかこなせないポジションです。

ブラインドサイドフランカー

フランカーには、背番号6番と背番号7番の2選手がいますが、スクラムの時に、ブラインドサイド(グランドの狭いサイド)に位置する選手を、ブライドサイドフランカーと呼びます。

フランカーとして求められる仕事に大きな違いはありませんが、ブラインドサイドフランカーは、アタックの時に、体格を活かしたパワフルなランでのラインブレイクを期待されます。

オープンサイドフランカー

オープンサイドフランカーは、スクラムの時に、オープンサイド(グランドの広いサイド)に位置する選手のことを呼びます。

対戦相手のアタックはオープンサイドに展開される機会が多くなる為、オープンサイドフランカーはタックルやジャッカルなどのディフェンス力が最も求められます。

味方のアタック時においても、オープンサイドへの展開が多くなるので、味方のボールキャリアがタックルされた地点に、誰よりも早く駆けつけ、マイボールを確保します。

オープンサイドフランカーは、体格的には、ブラインドサイドフランカーより劣る選手が多いですが、より運動量とディフェンス力が求められます。

背番号6番と背番号7番の選手の活躍が、アタックの時、ディフェンスの時ともに目立つことが、勝利への最低条件と言っても過言ではありません。

No.8の役割とは?

スクラムの時に最後方に位置し、マイボールスクラムでは、アタックのタクトを振ります。

フォワードとして、密集地帯でのボール争奪戦でも活躍し、また、スクラムからのサイドアタック、バックスラインに入っての力強いラインブレイクなど、最も総合的なアタック能力が求められます。

フォワードとしてのフィジカルはもちろんのこと、スピード、持久力、そして、的確な判断を瞬時に行う能力などが必要であり、スーパーマンのような選手です。

2015年ラグビーワールドカップ、日本代表VS南アフリカ、試合終盤の劇的な逆転トライの時も、バックスラインにいたNo.8のアマナキ・レレイ・マフィ選手のハンドオフ(タックルに来た選手を手で突き飛ばすプレー)により、対戦相手のディフェンスに穴を作り、カーン・ヘスケス選手のトライを生みました。

アタックだけではなく、ディフェンスでも、フランカー同様の仕事が求められるので、No.8の活躍が、ゲームの勝敗に大きく関わります。

ラグビー日本代表、注目選手!(バックロー編)

リーチマイケル No.8、フランカー

日本代表のキャプテンであり、精神的支柱。
リーチマイケル選手のひた向きなプレーとキャプテンシーが、現在の日本代表を築き上げたと言っても過言ではありません!

布巻峻介(ぬのまきしゅんすけ) フランカー


密集地帯のスペシャリスト。

タックルやジャッカルを武器とする、オープンサイドフランカーです。
身長178㎝とフォワードとしては小柄な体型ですが、低いタックルで大柄な選手のアタックを食い止めます。

姫野和樹(ひめのかずき) NO.8、フランカー

大学卒業後1年目から、トップリーグで活躍(トップリーグ新人王)。

フランカー、NO.8には、外国出身選手を起用することが多かった日本代表にとって、待望の日本人FWであり、甘いルックスと力強いラインブレイクで、多くのファンから愛される、これからの日本代表を支える選手です。

ツイヘンドリック No.8、フランカー

アタックの時の、状況判断能力が非常に高く、ボールキャリアとして対戦相手のディフェンスラインを切り崩します。

緊急時にはロックとしてプレーすることのできる、とても器用な選手です。

アマナキ・レレイ・マフィ No.8

View this post on Instagram

「この風貌で何で日本代表?」「ラグビーは外人ばかりで日本代表とは認めない」とかツイートしてる奴がいるので、本当に俺がそいつらぶん殴りたい。ネットの暇人マジで、うざい。試合後、ちょっと揉めたぐらいで…たまたま手を出しただけやろ?そもそも試合中たまに、キレてるけん、想像つく。外野いちいちうるさいし、ラグビー知ってる人もマフィ悪者してる人いる。なんだか鍵付無言フォローよりムカついたので、冬眠から覚めたけど…また冬眠します…。#ラグビー知らない奴がいちいち叩くな #拘束と逮捕は違う #言葉の暴力反対 #アマナキレレイマフィ #ラグビー協会が見捨てないことを願う #俺からフォローされてないフォロワーさんは無言フォロー ←ここも大事

A post shared by KumaKuma (@kumakumacamera) on

スーパーラグビー(南半球3ヵ国の世界最高峰プロリーグ)でも大活躍した、世界トップレベルのラインブレイク能力を持った選手です。

日本代表のアタックが停滞した時に、個人能力で局面を打開できる、数少ない選手です。

⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フルバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【スリークォーターバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【ハーフバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【セカンドロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フロントロー】の選手はこちら。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ