ラグビー日本代表2019メンバー!フロントローはスクラム職人

ラグビー日本代表メンバー解説
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップまで4ヵ月。

今までラグビー観戦をしたことがない人も、まず、ラグビーに興味を持ってもらい、2019年ラグビーワールドカップ本番までに、ラグビーファンになってもらいたいと思います。

ラグビーには、15のポジションがあり、それぞれのポジション毎に役割があります。

今回は、フォワードのフロントローと呼ばれる3つのポジションの役割を紹介します。

フォワード(FW)のフロントローとは?

15のポジションのうち、背番号1番から8番の選手のポジションをフォワードと呼び、背番号9番から15番の選手のポジションをバックスと呼びます。

フロントローと呼ばれるポジションは、フォワード8人の中で、背番号1番から3番の選手のポジションのことです。

ラグビーの試合中、フォワードの仕事の1つとして、スクラム(両チームのフォワード8人が肩を組み押し合いボールを争奪するセットプレー)があり、フロントローの3人が最前列として対戦相手のスクラムを押し込みます

フロントローの3人は、体重が重く、当たり負けしない選手でなければなりません

フロントローと呼ばれる3人の中にも、背番号1番が「左プロップ」背番号2番が「フッカー」背番号3番が「右プロップ」とそれぞれにポジションと役割があります。

プロップの役割とは?

背番号「1番」 左プロップ(左PR)

スクラムを組む時に、最前列3人の中で左側に位置する選手で、対戦相手の頭が右サイドだけになります。

左プロップはスクラムを押し込み、スクラムをコントロールする役割を担っています。

スクラム職人としての役割がメインですが、ラックと呼ばれる密集地帯のボール争奪戦に真っ先に駆け寄り、マイボールにする役割もあります。

左プロップは、ボールを持ってアタックする機会は少ないですが、ボールを触らずに対戦相手と戦う選手なのです。

ゲーム中、スクラムを押し込むことができた時、ラックで背番号1番が真っ先に駆け寄ってきている時は、左プロップが活躍している証です。

背番号「3番」 右プロップ(右PR)

スクラムを組む時に、最前列3人の中で右側に位置する選手で、対戦相手の頭が両サイドにきます。

スクラムでは、対戦相手の左プロップの押し込みに耐える役割を担っています。

右プロップが対戦相手の押し込みに耐えられないと、スクラムで不利な状況になり、ペナルティーを多くとられ、戦況は一気に不利になります。

左プロップ同様、ラックでのボール争奪戦での活躍も必要ですが、右プロップの1番の役割はやはりスクラムになります。

スクラムが押し込まれていない時は、右プロップが対戦相手のパワーに耐えている証であり、スクラムという勝敗を左右するセットプレーで優位に立てます。

フッカーの役割とは?

背番号「2番」 フッカー(HO)

フォワードの中でも、セットプレーで1番多くの役割を担っており、体重が重く、当たり負けしない選手である上に、器用な選手でなければなりません。

スクラムを組む時は、最前列3人の中で中央に位置する選手で、左プロップの押し込み、右プロップの耐えの間で、バランスを保つ役割があります。

また、マイボールのスクラムでは、フック(ボールを足で引っかけて、自軍側にボールを運ぶ)の役割もあります。

ラインアウト(ボールがタッチラインを出た際に、スローインでのプレー再開)では、スローワーとして、まっすぐにボールを投げ入れなければなりません。

プロップと比較すると、ボールに触る機会が多く、ボールを扱うスキルの高さが必要なポジションです。

スクラムの安定、マイボールラインアウトの高い獲得率、そして、密集地帯や、ライン攻撃時に背番号2番がよく活躍していると、攻撃力は大きく上がります。

ラグビー日本代表、注目選手!(フロントロー編)

稲垣啓太(いながきけいた) 左プロップ

スクラムも安定しており、豊富な運動量でラックへの集散も早く、80分通して活躍できる選手です。
タックルのスキルも高く、ディフェンスでもチームを助けてくれます。

具智元(グジウォン) 右プロップ

184㎝、122kgと屈強な体で、スクラムで圧倒的な力を発揮します。
ラックでの貢献も高く、日本代表スクラムのキーマンです。

ヴァル・アサエリ愛 右プロップ


もともとNo.8の選手でしたが、トップリーグで右プロップとして頭角を現しました。
スクラムワークも向上しており、持ち味の突破力を武器にライン攻撃にも参加します。

堀江翔太(ほりえしょうた) フッカー

ラグビーワールドカップにも2度出場している、日本代表の顔である選手です。
学生時代はフランカーやNo.8の選手であった為、ランのスキルも高く、難易度の高いパスや意表を突くキックは、バックスの選手と見間違えるほどです。
フッカーとして、初めてスーパーラグビー(南半球3ヵ国の世界最高峰プロリーグ)に挑戦し、豊富な国際経験を活かしてチームを支えます。

庭井裕輔(にわいゆうすけ) フッカー

パワーは日本代表でも群を抜いており、スクラムの強さが武器です。
ボールキャリアとして突破力もあり、攻撃的なフッカーです。

⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フルバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【スリークォーターバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【ハーフバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【バックロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【セカンドロー】の選手はこちら。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ