ラグビー日本代表2019メンバー!ハーフバックはアタックの指揮者

ラグビー日本代表メンバー解説
2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップまで4ヵ月。

今までラグビー観戦をしたことがない人も、まず、ラグビーに興味を持ってもらい、2019年ラグビーワールドカップ本番までに、ラグビーファンになってもらいたいと思います。
ラグビーには、15のポジションがあり、それぞれのポジション毎に役割があります。

今回は、バックスのハーフバックと呼ばれるポジションの役割を紹介します。

ハーフバックとは?

15のポジションのうち、背番号1番から8番の選手のポジションをフォワードと呼び、背番号9番から15番の選手のポジションをバックスと呼びます。

ハーフバックと呼ばれるポジションは、バックス7人の中で、背番号9番と背番号10番の選手のポジションのことです

ラグビーの試合中、スクラム(両チームのフォワード8人が肩を組み押し合いボールを争奪する)や、ラインアウト(ボールがタッチラインを出た際に、スローインでのプレー再開)と呼ばれるセットプレーで、フォワードが確保したボールを、バックスに展開する仕事がハーフバックの仕事です。

フォワードとバックスの繋ぎ役であり、対戦相手、味方選手の状況を瞬時に判断し、プレーを選択する能力が求められます。

ハーフバックの2選手のうち、背番号9番のポジションを「スクラムハーフ」背番号10番のポジションを「スタンドオフ」と呼びます。

スクラムハーフ(SH)の役割とは?

スクラムの時に、スクラムハーフはボールを投げ入れ、No.8の足元にフック(フッカーがボールを足で引っかけて、自軍側にボールを運ぶ)されたボールを取出し、展開します。
また、密集地帯のボール争奪戦でフォワードが確保したボールも、スクラムハーフが駆け寄り展開します。

アタックの時に、常にボールのあるところに駆けつけて、アタックのリズムを作り出すことがスクラムハーフの仕事です。

俊敏な動きが求められるポジションなので、小柄な選手が多いですが、ディフェンスの時には、密集地帯の近くにいるので、対戦相手の大柄なフォワードに果敢にタックルにいきます。

スクラムハーフは、負けん気の強い、強気な性格の選手が向いていると言われており、ゲーム中、よく小柄なスクラムハーフの選手が、対戦相手のフォワードと揉めているシーンを見ることがあります。

強気な性格である一方、冷静な状況判断を行い、ボールを展開することが求められます。
スクラムハーフからのパスがアタックの出発点になるので、とにかく正確なパスが求められます。

スクラムハーフはチームで1番、パススキルが高くなければなりません。

スタンドオフ(SO)の役割とは?

スタンドオフとは、アタックの時に、ゲームをコントロールする司令塔です

スクラムやラック(ボールキャリアがタックルされた後、マイボールにする為の密集地帯のボール争奪戦)から、スクラムハーフにより展開されたボールを、最初に受ける位置にいます。

密集地帯から展開されるボールは、最初にスクラムハーフの判断により展開されますが、スクラムハーフは、密集地帯での対戦相手のプレッシャーから逃れる為、または、アタックのリズムを作り出す為、すぐにプレーを選択しなければなりません。

スタンドオフは、密集地帯から少し離れて位置しているので、味方選手、対戦相手の位置を把握し、サインプレーなどの作戦を指示し、より効果的なアタックを選択します。

スタンドオフの判断やプレー選択が、ゲームの展開を左右します。
スタンドオフには、広い視野と冷静な判断など司令塔としての能力はもちろんのこと、ランスキルやハンドリングスキル、キックスキルなど、アタックに必要な全ての能力が求められます。

スタンドオフの出来次第で、ゲームの勝敗が決まると言っても過言ではありません。

ラグビー日本代表、注目選手!(ハーフバック編)

田中史朗(たなかふみあき) スクラムハーフ

日本人初のスーパーラグビー(南半球3ヵ国の世界最高峰プロリーグ)選手として、日本代表を先導してきたベテラン選手です。
166㎝と非常に小柄な体型で、大男に立ち向う姿にいつも感動させられます!

流大(ながれゆたか) スクラムハーフ

帝京大学からトップリーグのサントリーサンゴリアスと、常に勝者であり続け、勝者のメンタルを持った選手です。
リーダーシップも強く、プレーとメンタル両方でチームを支えます。

田村優(たむらゆう) スタンドオフ

View this post on Instagram

・ 2019.4.26 🌧 SUNWOLVES🐺vs HIGHLANDRES  SO #田村優 選手  この日、57分に今シーズン初ピッチに🤗 明日のREDS戦も22番で出場予定👍 頑張ってください🙏   RWC2015桜🌸の戦士 #ラグビー日本代表 cap54 #明治大学ラグビー部 #オオチル  #今年はラグビーイヤー #サンウルブズ全力応援 #WEARETHEPACK #sunwolves #サンウルブズ #55サンウルブズ  #awoooo #sunwolfpack #superrugby #スーパーラグビー #トップリーグ #topleague #oneteam #rwc2019 #rugbyworldcup2019 #グラウンドで会いましょう  #rugbyjapan #japanrugby #rugby #rugbygram #rugbyjp #canoneagles #キヤノンイーグルス #イーグルス #eagles

A post shared by Takechan (@takegram83) on

元日本代表ヘッドコーチのエディー・ジョーンズ氏から、「トップリーグで1番うまい選手。」と称賛されていたように、ラン・パス・キック全てにおいて高いレベルのスキルを持っています。
特に、キックの精度が高く、エリアマネジメント(キックを使い、敵陣地で多くの時間プレーをすること)能力は群を抜いています。

松田力也(まつだりきや) スタンドオフ、センター、フルバック

トップリーグでは、1年目からセンターとして「ベスト15」に選出されたように、フィジカルの強さを活かした力強いランと、ディフェンスが持ち味です。
また、スタンドオフ、センター、フルバックをこなすユーティリティな選手です。

山沢卓也(やまさわたくや) スタンドオフ

対戦相手のディフェンスラインのギャップを見つける広い視野と、ディフェンスラインのギャップを、自らのスピードで突破できるランスキルを持った選手です。
スピード感溢れる攻撃は、今までのラグビー日本代表には無かった、新たな攻撃のバリエーションとなります。

⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フルバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【スリークォーターバック】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【バックロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【セカンドロー】の選手はこちら。
⇒⇒ラグビー日本代表2019メンバー!【フロントロー】の選手はこちら。

ラグビー日本代表
フォローする
ラグビーが好きになるブログ