ラグビーW杯対策!銀河系軍団パナソニックワイルドナイツ徹底解説

トップリーグの中で一番スター選手が多いチームはどこか?
と聞かれたら間違いなく答えは「パナソニック ワイルドナイツ」でしょう。
今回はその魅力、強さの秘密について徹底解説していきます!

パナソニック ワイルドナイツってどんなチーム?

パナソニック ワイルドナイツ(以下、ワイルドナイツ)はその名の通りパナソニック株式会社を母体とするチームです。
現在ジャパンラグビートップリーグに所属し、2018-19シーズンは6位に甘んじる結果となりましたが2013~15シーズンは3シーズン連続プレーオフ優勝と誰もが認める強豪です。

本拠地を群馬県太田市に置き、地域に根差した活動をしていることでも有名です。
毎年行われるイベントでは多くの地域住民、ラグビーファンが集結して選手との触れ合いを楽しんでいますね!

1960年の創部以降多くのタイトルを手にしてきた強豪ワイルドナイツですが、一時期は決勝まで行くものの優勝を逃すシーズンが続いたことからシルバーコレクターと揶揄された時代もありました。
しかし、近年の実績によりその名で呼ばれることはもうなく、見事汚名返上した形になりますね。

何よりその特徴は在籍選手の豪華さです!

2018年12月23日現在、日本代表スコッド(NDS含む)に召集されている選手が14名と非常に多く、外国人選手も元オーストラリア代表SOベリック・バーンズや元ニュージーランド代表FLマット・トッドなどワールドクラスのプレーヤーが名を連ねます。

彼らを束ねるのが世界最高峰の名将ロビー・ディーンズであり、スーパーラグビー優勝5回の豊富な経験を選手たちに落とし込んでいます。

野武士軍団の愛称で地元に愛され、豊富なタレント陣と世界的知将の頭脳が織りなす展開ラグビーが魅力のチーム。
それこそがワイルドナイツの特徴です。

ワイルドナイツの注目選手

多くのスター選手がいるワイルドナイツですが、その中でも特に注目選手をピックアップしていきたいと思います!

【日本代表の支柱】 堀江翔太選手

HOの堀江翔太選手はワイルドナイツだけでなく、日本代表でも圧倒的プレーでチームをけん引する世界トップクラスのHOです。

セットプレーの安定感は抜群ですが、さらに出色なのがフィールドプレーでのスキルの高さです。
大学卒業までは第3列としてプレーしていただけあり、パスやキャリアは圧倒的。
スーパーラグビーでもプレーし、その経験を経てからはブレイクダウンやタックルに加えキックの選択肢も持ち合わせるようになりスキのないプレーヤーとなりました。

サンウルブズで初代キャプテンを務め、ワイルドナイツや日本代表でも確固たるリーダーシップを持つ堀江選手。
ラグビーワールドカップ2019日本大会での堀江選手の活躍から目が離せません!

【日本のスピードスター】 福岡堅樹選手

ワイルドナイツ所属の福岡選手は日本が誇るWTBの一人ですが、なんといってもその特徴はスピードです。
50mを5.8秒で駆け抜けるその快速は加速からすぐにトップスピードに到達し、他の選手を置き去りにします。

他国との試合でも世界的なスピードスターといわれる選手を置き去りにしてトライする活躍を見せ、今では日本のエースとして注目される存在となりました。

また福岡選手は、15人制でのラグビーは、ラグビーワールドカップ2019日本大会までと決めているようです。
その理由は目標とする医師を目指すためであり、ラグビー引退後は医学部受験を志すと公言しています!
まさに「文武両道」を地で行っている選手ですね…

年々凄みを増す福岡選手のプレーをW杯の大舞台で見られるのは今年が最後になります。
必ずその雄姿を目に焼き付けたいところですね!

【ラグビー界の人気者】 田中史朗選手

SHの田中選手は日本ラグビー界で最も人気のある選手の一人といえます。
明るいキャラクターと軽快なトークでお茶の間をにぎわすこともあります。

しかし、グラウンドでの田中選手はテレビで見せる顔とは全く異なる一面を見せてくれます。
試合の展開や敵味方の動きを読んで配給する的確なゲームコントロールと強気なプレーを織り交ぜる「狡猾な」頭脳派SHとしてゲームを支配するのです。

その判断力には前日本代表HCのエディー・ジョーンズ氏も「世界有数のSH」と称賛を惜しみません。

2014年には世界選抜に選出され、スーパーラグビーでの優勝経験もあり世界的な経験も豊富です。
日本代表には有望な若手SHが多く育っていますが、勝負所での田中選手の判断力は頼りになるものであることは間違いありません。

ワイルドナイツでも日本代表でもチームのムードメーカーであり、グラウンド内では正しい判断で勝利に導く田中選手の手腕に注目です!

ワイルドナイツの強さの秘密

ワイルドナイツの強さのカギとして組織的なディフェンスとターンオーバーアタックが挙げられます。

トップリーグでも有数の強固なディフェンスで相手から陣地と体力を奪い、ミスしたところを一気に攻めるというのがワイルドナイツの得意戦術です。
核となるポジションに能力の高い選手が在籍するワイルドナイツだからこそできる戦術とも言えますね!

また、この戦術には的確なアタックをするために判断力が必要です。

ロビー・ディーンズ監督は以前インタビューで「チームが勝つために必要なのは自主性である」と答えています。
決めごとであるセットプレーに目が行きがちな日本人ですが、実際のプレー時間の7割はボールが動いている動的状況です。
そこに着目したディーンズ監督はチームの意識改革から取り組んだとのことです。

結果として、相手から奪い取ったボールを確実に得点に結びつけるための適切な判断力とどんな状況でも対応できる能動さをチームは獲得することができました。

一人ひとりの能動的な判断力と高いパフォーマンスこそがワイルドナイツの強さの秘密であることがわかりましたね!

ラグビーワールドカップ2019日本大会に向けて

2018シーズンでは不本意な結果で終わってしまったワイルドナイツ。
来シーズンでの王座の奪還に向けて日々進化を遂げています!

さらに、所属選手たちの多くがラグビーワールドカップ2019日本大会での活躍が期待されます。
日本だけでなく、オーストラリアやニュージーランドでの活躍が望まれる選手もいるので、皆さんそれぞれの推し選手に注目してみるのもいいかもしれませんね!

ワイルドナイツの選手たちのラグビーワールドカップ2019日本大会での活躍にご期待ください!

ラグビー知恵袋
フォローする
ラグビーが好きになるブログ