ラグビーの最新ルールをわかりやすく説明!簡単ルールブック(反則編)

ラグビーのルールをわかりやすく説明(反則編)

ラグビーワールドカップ2019がすぐそこまで迫ってきていますが、ラグビー観戦をしたことがない人も、まだまだラグビーのことを知る時間はあります!
ラグビーとはどんなスポーツで、どのようなルールがあるのか?
一緒に勉強しましょう!!

 

「ノックオン」「スローフォワード」前にボールを投げてはダメ!

ラグビールールを分かりやすく説明(ノットフォワード)

ラグビーは、イギリスで「フットボール」から生まれたスポーツですが、フットボールと違い、ピッチ内でボールを手で扱うことができます。
しかし、手でボールをパスする時は横方向か後方でなければなりません
前方にパスを投げるプレーや、前方にボールを落とすプレー反則になります

★ノックオン
ボールを持っている選手が、前方にボールを落とした時の反則です
軽度な反則とみなされ、対戦相手ボールのスクラムでゲームを再開します
パスを受ける時や、対戦相手のキックをキャッチする時に起こりやすい反則になります。
ボールを持ってアタックしている選手に、対戦相手がタックルをした時に、ボールが前方にこぼれてもノックオンになります。

★スローフォワード
パスをする時に、自分より前方(対戦相手のゴールライン方向)にボールを投げる反則です
ノックオン同様、軽度な反則になり、対戦相手ボールのスクラムで試合を再開します
ラグビーをプレーしている選手が、故意に前方にボールを投げるケースはほとんどなく、真横にパスを出すつもりが、少し前方にボールを投げてしまうケースがほとんどです。
パスをする選手も、パスを受ける選手も前方に向かって走りながらのパスになるので、スローフォワードの判断は非常に難しいものになります。

 

「ノットストレート」ラインアウトのボールは真ん中に!

ラグビーのルールを分かり安く説明(ノットストレート)

ボールがタッチラインを割った後、ゲームを再開するセットプレーがラインアウトです。
両チームの選手が同じ人数、1mの間隔を空けて並んでいるところに、スロワーがボールを投げ入れます。

スロワーが投げ入れるボールは、両チームの選手の間にまっすぐ投げなければなりません。

味方チームがボールをキャッチしやすいように、味方チームの列の方にボールを曲げて投げてしまうとノットストレートになり、軽度な反則になります。

ノックオン、スローフォワードと同じように、対戦相手ボールのスクラムでゲーム再開となります
スロワーがボールを故意に曲げていなくても、とにかく両チームの間にまっすぐボールを投げることができなければ、ノットストレートになります。

スロワーのスローイングのスキルが大きく影響します。

 

「アクシデンタルオフサイド」味方選手にぶつからないように!

ラグビーのルールを詳しく説明(アクシデントタックル)

ボールを持ってアタックしている選手が、味方チームの選手とぶつかってしまい、対戦相手のディフェンスのじゃまをしてしまうとアクシデンタルオフサイドになります。

基本的には、ボールを持ってアタックしている選手が、前方(対戦相手のゴールライン方向)にいる味方チームの選手にぶつかると、対戦相手のディフェンスをじゃましたと判断されます。
また、ボールを持っている選手がキックをした時にも、前方の味方チームの選手に蹴ったボールが当たってしまうと、同じ考え方で、アクシデンタルオフサイドになります。

アクシデンタルオフサイドは、名前の通り、アタックしているチームが偶然起こしてしまう反則になるので、軽度な反則として、対戦相手ボールのスクラムで試合が再開されます

これからアタックする!という時に起こる反則で、非常にもったいない反則になります。

 

「オーバーザトップ」ラックで倒れ込んではダメ!

ラグビーのルールを詳しく説明(オーバーザトップ)

アタックしている選手が、対戦相手のタックルで倒された時、ボールを離し地面に置きます。
置かれたボールを獲得する為、両チームの選手が組み合って押し合い、ラックが形成されます。

ラックでは、両チームの選手が押し合い、押し勝ったチームのラック最後尾から出てきたボールをスクラムハーフが展開します。
基本的にラックでは、両チームの選手が立った状態で組み合って押し合います。

しかし、実際のゲームでは、両チームのフォワードの選手が集まり、組み合って押し合うので、倒れてしまう選手ももちろんいます。
オーバーザトップという反則は、ボールに覆いかぶさるように倒れ込んで、対戦相手にボールが渡るのを妨げる行為になります。

ラックという密集地帯の中心で起こる反則ですので、現地観戦ではなかなかわかりにくい反則ですが、テレビ観戦でリプレーなどを見れば、どのプレーがオーバーザトップになったのかがわかると思います。

ラックやモールなどの密集地帯での反則は、判断が難しく、選手達はレフリーの判断基準を試合中に理解し、対応していかなければなりません。
オーバーザトップは、対戦相手にボールが渡るのを妨げるプレーなので、重い反則とみなされます。

重い反則の場合は、対戦相手ボールのペナルティーキックで試合が再開され、反則の場所によっては、ペナルティーゴールで3点を失うことになります。

 

「オフサイド」プレーに参加できない選手は誰!?

ラグビーではプレーに参加できる選手のことを、オンサイドプレイヤーと呼び、プレーに参加できない選手のことをオフサイドプレイヤーと呼びます。

オフサイドとは、オフサイドプレイヤーがプレーに参加した時の反則になります。
状況によってオフサイドプレイヤーの定義が変わり、初めて観戦する人には、とてもわかりにくい反則と言われます。

しかし、ラグビーのゲーム中、最も多く起こる反則であり、とても重要になります。

オフサイド(オフサイドプレイヤー)の条件

  1. ラックやモールなどの密集地帯に参加している最後方の味方選手よりも、対戦相手のゴールライン側にいる。
  2. ラインアウトの時、ラインアウトの列に参加していない選手が、スロワーがボールを投げ入れるポイントから10m以内にいる。
  3. スクラムの時、スクラムに参加していない選手が、スクラム最後尾から5m以内にいる。
  4. 味方選手がキックを蹴った時、キッカーよりも前方(対戦相手のゴールライン側)にいる。
  5. 反則をとられ、ペナルティーが課せられた時、反則地点から10m以内にいる。
  6. ノックオンした選手より前方(対戦相手のゴールライン側)にいる。

オフサイドの条件を満たしている選手がプレーに参加すると、オフサイドという反則になり、重い反則とみなされ、対戦相手ボールのペナルティーキックで試合が再開されます
ゲーム中、オフサイドがよくとられるのは、ディフェンスラインの選手が対戦相手のアタックを少しでも前で止めようと、ラック最後方の味方選手よりも前方に出てしまい、対戦相手にタックルしてしまうケースです。

 

「オブストラクション」ディフェンスのじゃまはダメ!

ラグビーのルールを詳しく説明(オブストラクション)(

アタックをしているチームの選手が、対戦相手のディフェンスを妨害する反則をオブストラクションと言います。

アタックしているチームのボールを持っていない選手が、対戦相手のディフェンスを邪魔する位置に立っている時、または、ボールを持っている選手を庇うような行動をとった時に、オブストラクションがとられます。

バックスへ展開してアタックする時に、ボールをもらうふりをした囮のプレイヤーが、対戦相手のディフェンスの進路に入ってしまい、オブストラクションをとられるケースが多いです。

あきらかな守備妨害もあれば、紙一重の守備妨害もあり、オブストラクションの判断が難しい場合もあります。

アクシデンタルオフサイドに似た反則ですが、オブストラクションは重い反則となり、対戦相手ボールのペナルティーキックで再開になります

 

「コラプシング」スクラム、モールをわざと崩してはダメ!

ラグビーのるーる紹介(コンプシング)

スクラムやモールを故意に崩す反則をコラプシングと呼びます。

コラプシングは重い反則になり、対戦相手ボールのペナルティーキックで再開します
コラプシングが起こりやすいケースは、スクラムの力関係が劣勢のチームがスクラムを崩してしまう時と、自陣ゴール前のラインアウトから、対戦相手がモールを押し込んできて、トライを取られそうになり、ディフェンス側のチームがモールを故意に崩してしまう時があります。

スクラムやモールでコラプシングが続くと、コラプシングを起こした選手がシンビン(10分間の一時退場)になることもあり、自陣ゴール前では、対戦相手の認定トライ(反則が無ければ、トライできていたと判断しトライと認める)となることもあります。

コラプシングは危険なプレーと判断される為、課せられるペナルティーも厳しくなります。

 

「ノットリリースザボール」倒れた選手はボールをリリースする!

ラグビーのルール(コンプシング)

ラグビーでは、ボールを持ってアタックしている選手が、対戦相手のタックルによって倒れた時、ボールを離さなければなりません。

離されたボールに、両チームの選手が集まり、ラックが形成され次のプレーに繋がります。
ノットリリースザボールは、タックルされて倒れた選手がボールを離さなかった時、離せなかった時にとられる反則になります。

ノットリリースザボールがとられた時は、レフリーが胸にボールを抱え込む動作をするので、観戦している人にもわかりやすい反則です。
タックルされて倒れた選手は、もちろんボールを離すことを考えるのですが、対戦相手のディフェンスの選手がジャッカル(ラックが形成される前に、ボールを奪うプレー)を狙っている時、対戦相手にボールを奪われないようにする為、ボールを離さないとノットリリースザボールになります。

また、タックルされて倒れた選手がボールを離そうとしても、対戦相手のディフェンスがボールを離させないように手でボールを抑え込むケースもあります。
ノットリリースザボールは、重い反則となり、対戦相手ボールのペナルティーキックで試合再開となります

アタックをしているチームにとっても、ディフェンスをしているチームにとっても、攻守逆転になる非常に重要な反則になります。

 

「ノットロールアウェイ」タックルした選手はすぐにどく!

ラグビーのルール説明(ノットリリースザボール)

タックルした選手が、倒れた状態で対戦相手にボールが出るのを邪魔した時、ノットロールアウェイという反則をとられます。

タックルした選手は、ボールの展開の妨げにならないように、すぐにその場所から離れないといけません。
ノットロールアウェイは重い反則とみなされ、対戦相手ボールのペナルティーキックでゲーム再開となります

ノットロールアウェイと同じように、ラックで対戦相手にボールが出るのを妨げる反則として、オーバーザトップもありますが、ノットロールアウェイは、タックルした選手がラックに巻き込まれ、対戦相手にボールが出るのを妨げてしまう行為であるのに対し、オーバーザトップは、ラックのボールが対戦相手に出ないよう、ボールに覆いかぶさるように倒れ込む行為になります。

オーバーザトップ、ノットロールアウェイとも重い反則になりますが、オーバーザトップは反則とみなされた時点でホイッスルが吹かれるのに対し、ノットロールアウェイは、レフリーがプレー中に指摘してくれる場合があり、指摘された選手がその場から離れると、反則をとられない時もあります。

タックルした選手がすぐに離れようとしても、ラックに集まった選手に乗られたりして、すぐに身動きがとれない時がある為です。

 

「ハンド」スクラム、ラックの中のボールは手で触れない!

ラグビーのルール説明(ハンド)

スクラムでは、フッカーがフック(ボールを足で引っかけて、自軍側にボールを運ぶ)したボールが最後方のNo.8の足元までくると、手でボールを扱えますが、No.8の足元まで運ばれていないボールを手で拾い上げると、ハンドになります。

ラックでは、ラックに参加している選手は、対戦相手と組み合って押し合い、ボールを乗り越えていくことしかできません。
ラックに参加している選手が押し勝って乗り越えたボールを、スクラムハーフなどのラックに参加していない選手が手で拾い上げて、展開していきます。
ラックに参加している選手が手でボールを拾い上げると、ハンドになります。

ハンドは重い反則になり、対戦相手ボールのペナルティーキックで試合再開になります
密集地帯でディフェンスが対戦相手からボールを奪う、「ジャッカル」というプレーがありますが、ラックの中では手でボールを扱えないのであれば、ジャッカルもハンドになるのではないか?と疑問をもつ人もいると思います。

ジャッカルは、対戦相手のサポートと組み合うよりも先に、ボールに働きかけていると判断される為、ラック形成前に手で扱っているということになり、ハンドにはなりません。
ジャッカルを働きかけていても、レフリーから「ラック」という声がかかれば、速やかにボールへの働きかけを止めなければなりません。

ジャッカルは、ラック形成前は有効なプレーですが、ラックが形成された後ではハンドになるので、非常に判断が難しいプレーになります。
ボールを持ってアタックをしているチームは、密集地帯に素早く選手がフォローに集まり、ラックをできるだけ早く形成することが大切になります。

 

「ハイタックル」「レイトタックル」危険なプレーはダメ!

ラグビールール詳しく解説(ハイタックル)

ラグビーは、大男達が防具も装着せずに、体と体をぶつけ合う激しいスポーツです。
日頃のトレーニングで鍛え上げられた選手達ですら、ケガから逃れることは非常に難しいと言わざるを得ません。
しかし、体と体をぶつけ合うスポーツだからこそ、危険なプレーには、より厳しく罰則が与えられます

★ハイタックル
対戦相手の肩の線より上へタックルする反則をハイタックルといいます。

危険なプレーと判断され、重い反則とみなされます。
対戦相手ボールのペナルティーキックで再開します

故意のハイタックルと判断された場合や、危険度の高いハイタックルと判断された場合は、ハイタックルをした選手にシンビン(10分間の一時退場)などの更なるペナルティーが課せられます。

対戦相手のアタックする選手がしゃがんだ体勢であっても、肩の線より上にタックルをすれば、ハイタックルと判断されますし、対戦相手の襟もとに手がかかっても、ハイタックルと判断されます。

★レイトタックル(レイトチャージ)
レイトタックルは、パスを終えた選手へのタックルのことをいい、レイトチャージはキックを終えた選手へのタックルのことをいいます。

レイトタックル、レイトチャージとも危険なプレーと判断され、重い反則となり、対戦相手ボールのペナルティーキックでプレー再開となります

レイトタックル、レイトチャージとも、ほとんどの場合、ディフェンスの選手が勢い余って、プレーの終えた選手にタックルしてしまうケースですが、稀に、故意でのレイトタックル、レイトチャージも見られることがあり、悪質なプレーに関しては、シンビンやレッドカード(退場)など厳しいペナルティーが課せられます。

プレーを終えた無防備な選手に対するタックルは、いかなる場合でも危険なプレーとみなされます。

 

「TMO(テレビジョン・マッチ・オフィシャル)」ビデオ判定!

ラグビーのルール紹介(VAR)

ラグビーでは、1人の主審とアシスタントレフリーとして、副審(タッチジャッジ)が2人、そして、選手の交代などを管理する第3の審判1人の計4人のレフリーが判定を下します。

主審と副審はコミュニケーションを取りながら、正確なレフリングでゲームを進行していきますが、密集地帯での攻防など、主審や副審の死角でのプレーも多くあり、全てのプレーを主審、副審だけで正確に判定を下すのは非常に困難なことです。

TMOとは、主審や副審だけで正確な判定を下すことが困難な場合、主審がリクエストすることでビデオ判定を用いて、正確に判定を行います。
サッカーや野球など、多くの球技スポーツでも採用されており、正確な判定を下す為の非常に重要なシステムです。

TMOについては、正確な判定を下すというメリットとともに、ゲームを中断して検証する為、ゲームの流れを止めてしまうというデメリットもあります。
TMOのデメリットを最小限に抑える為、TMOについては、トライやゴールキックの判定など得点に絡むプレー、もしくは、危険なプレーを検証する時に限ります。

TMOが採用されたことによって、タッチライン際のトライシーンや、モールでのトライシーンなどを正確に判定することができ、また、密集地帯やボールから離れた場所での危険なプレーも見逃さなくなった為、危険なプレーの抑止力にも繋がりました。

スタジアムの大型ビジョンでも、TMO判定で使用される映像が流される場合があり、TMOは、スタジアムで観戦しているファンにとっても、プレーを詳しく見ることができ、わかりやすいシステムになります。

⇒⇒わかりやすいラグビーのルール【基本編】はこちら。

⇒⇒わかりやすいラグビーのルール【攻撃編】はこちら。

 

ラグビー知恵袋
フォローする
ラグビーが好きになるブログ