ラグビーW杯対策!常勝軍団サントリーサンゴリアス徹底解説。

トップリーグにおける存在感を年々強固なものにしているサントリーサンゴリアス。
本記事ではその強さの源、人気の理由について解説していきます!

サントリーサンゴリアスってどんなチーム?

サントリーサンゴリアス(以下、サントリー)は東京都府中市に拠点を置くジャパンラグビートップリーグに所属するチームです。
食品メーカーのサントリーを母体とし、1980年に創部して以降は常に強豪として日本ラグビー界に君臨しています!

近年では2016年度、2017年度と2連覇を果たし、2018シーズンでは惜しくも決勝で神戸製鋼に敗退し3連覇を逃したものの近年のトップリーグでは強豪チームとして存在感を示しています。

チームカラーとして「アグレッシブアタッキングラグビー」を掲げており、広いグラウンドのどこからでもアタックできる展開力が魅力のチームです。
トップリーグ随一と言われる練習量と脈々と受け継がれるチームカルチャーがこの強さを支えているのです。

現在、多くの日本代表選手も在籍しており、不動のFBとして君臨する松島幸太郎選手、キャプテンとしても存在感を示すSH流大選手などの実力ある選手たちが日々ポジション争いを繰り返しています。
他にもオーストラリア代表103キャップを誇るマット・ギタウ選手などの外国人選手もサントリーの強さに拍車をかけています。

歴代監督も前日本代表監督のエディ・ジョーンズ氏を始め、現ヤマハ発動機ジュビロ監督の清宮克幸氏、現在の沢木敬介氏など豪華な面々が揃います。

次項からはさらに注目選手、チームカルチャーについて深堀していきます!

サントリーの注目選手

サントリーには多くの代表選手がいますが、その中でも特に注目選手として4人の選手をピックアップします!

【不動のFB】 松島幸太郎選手

2015年ラグビーW杯ではヤマハ発動機ジュビロの五郎丸歩選手が日本代表FBとして活躍をしていました。
五郎丸選手が代表から退いた後、FBとして不動の位置を確保しているのが松島幸太郎選手です。

178cm、88kgとそこまで大柄ではない選手ですが、サイズを補って余りあるスピードとランニングスキルでトップリーグの中でも異彩を放っています。
トップリーグベスト15に選ばれた実績もあり、名実ともに日本トップのFBと言えますね!

出身地は南アフリカで、ジンバブエと日本のハーフの松島選手。
ラグビーを始めたのは南アフリカに住んでいた時で、桐蔭学園進学後は花園での活躍も有名ですよね!
その後はスーパーラグビーのシャークスの下部組織に入団した後にサントリーに入団しています。

ワラターズ、レベルズ、サンウルブズとスーパーラグビーでもプレーしており、今後の活躍にも目が離せない選手です!
天性のバネを生かしたランニングに注目です!

【無類のキャプテンシー】 流大選手

サントリーのキャプテンといえばSH流大選手です!
帝京大出身の流選手は大学時代もキャプテンとしてチームをけん引し、大学日本一に導いています。
高いキャプテンシーを持つ選手で、サントリーでも二年目以降キャプテンに就任し、チームを日本一にしています。

現在は日本代表にも選出されており、プレーの面では早いテンポとボックスキックを使ったゲームの組み立てが特徴的です。
何よりチーム全体に目を行きわたらせることに長けていて、若手・ベテラン・外国人と様々な選手たちをまとめることが出来るのも流選手の魅力の一つです。

また、流選手は甘いマスクと素晴らしいファンサービスで多くのファンがいる選手でもあります!
会場では流選手の名前を模したうちわ等も見られるので一部ではアイドル的な人気があるのかもしれませんね。笑

プレーでも立ち居振る舞いでもチームをまとめる流選手。
2019年W杯でもその活躍から目が離せません!

【ワラビーズ代表キャップ103】 マット・ギタウ選手

ギタウ選手はラグビー王国でもあるオーストラリア代表キャップ103を誇る世界的ユーテリティBKの選手です。
本来のポジションはSO・インサイドCTBですが、バックスのポジションであればどこでもプレーできる万能型の選手です!

サントリーには2017年に入団し、日本ラグビー界をざわつかせたことも記憶に新しいですね。
正確なゲームメイキングとグラウンドを上から俯瞰しているようなキック、そして自分でもディフェンスを切り裂くことに出来るランと全てのプレーが一流で現在のサントリーには欠かせない選手となっています!

日本文化にも精通していて、京都旅行を楽しむ姿やチームメイトと焼き肉を食べる姿からもチームマン、親日家としての一面がうかがえますね。

W杯3回出場、スーパーラグビーで2度の優勝経験を誇るギタウ選手。
その豊富な経験で今後もサントリーに勝利をもたらしてくれることは間違いないでしょう。

サントリーのチームカルチャー

サントリーが創部当時から常勝軍団として君臨するのには理由があります。
それはサントリー独特の「チームカルチャー」です。

他のチームを見てみると強力な外国人選手の補強や日本代表クラスの選手を誘致する強化を行うチームが多いです。
しかし、サントリーは違います。
生え抜きの日本人選手が活躍し、加えて豊富な戦術と助っ人外国人の活躍でトップリーグでの勝利をもぎ取ってきました。

それを支えるのは独特の育成文化です。
最新の設備をそろえたクラブハウスや、専属栄養士が管理する食事に加えて新人選手や基準に達していない選手には特別なメニューが科されることで有名です。
そういった激しいトレーニングを重ねることで日本人選手の継続的な育成を可能にしているのです。

他にもアタッキングラグビーを標榜しているだけあり、選手たちの運動量も他のチームとは群を抜いて多いです。
これも、選手それぞれの強さや才能ではなくチームカルチャーに支えられている強さだと言えますね。

サントリーサンゴリアスのまとめ

強さやカルチャー。多くの魅力を持つサントリーサンゴリアス。
2018シーズンは惜しくも神戸製鋼に敗れ2位という順に甘んじる結果となりましたが、来年度のシーズンでは覇権奪回に向けて素晴らしいプレーを見せてくれることでしょう!
W杯イヤーも常勝軍団サントリーから目が離せません!

ラグビー知恵袋
フォローする
ラグビーが好きになるブログ