スーパーラグビー2019第7節速報ハイライト!! ラグビーW杯

2019ラグビーワールドカップ開幕を9月に控えた、ワールドカップイヤーのスーパーラグビー2019。
ついに、2019ラグビーワールドカップ日本代表強化の為の特別チーム、「ウルフパック」の強化試合も始まりました。
初戦のハリケーンズB戦は、31-52と敗戦しましたが、主力メンバーは久しぶりの実戦を経験することができました。
2戦目のハイランダーズB戦では、ウルフパックが躍動する姿を期待しましょう!!
それでは、スーパーラグビー2019、第7節、注目カードを振り返りましょう!!

「ハリケーンズ(ニュージーランド)VSクルセーダーズ(ニュージーランド)」

チーム紹介

前節、ストーマーズ(南アフリカ)戦を、ゲーム終盤、司令塔スタンドオフ、ボーデン・バレット選手の逆転トライで、勝利したハリケーンズ。
第2節でクルセーダーズに敗戦した時には、ボーデン・バレット選手は出場しておらず、チーム力もまだまだ本調子ではありませんでした。
本来の調子を発揮しつつあるハリケーンズは、クルセーダーズにリベンジできたのでしょうか!?
前節のワラターズ(オーストラリア)戦で、今シーズン初黒星を喫したクルセーダーズ。
クライストチャーチで起こった銃乱射事件後、ハイランダーズ(ニュージーランド)戦が中止となり、最初のゲームだった為、少なからず事件の影響があったのかもしれません。
スーパーラグビー3連覇を目指す為にも、ホームのクライストチャーチのファンの為にも、今節は勝利が必要となります。

注目選手

ハリケーンズ  … ヨルディ・バレット選手(ウイング)
クルセーダーズ … キーラン・リード選手(NO.8)

注目ポイント

ホームのハリケーンズがペナルティーゴールで先制します。
ハリケーンズは、ホームでのクルセーダーズ撃破に向け、前に出るディフェンスでクルセーダーズのアタックを止めます。
しかし、試合巧者のクルセーダーズは、裏のスペースへのキックを有効に使い、16分、24分の立て続けにトライを奪い逆転します(3-14)。
32分、ハリケーンズは、クルセーダーズ陣地のゴールライン前ラインアウトから、センター、ヌガニ・ラウマペ選手がパワーでトライを奪います(8-14)。
前半は、アウェーのクルセーダーズが9点リードして折り返しますが、両チームとも気持ちの入った非常に緊張感のある、見ごたえのある40分でした。
後半、最初のスコアは、クルセーダーズに入ります。
44分、フルバック、デービット・ハビリ選手がハリケーンズのディフェンスを突破しトライを奪います(8-24)。
クルセーダーズは、持ち前の強固なディフェンスで、ハリケーンズにスコアを許しません。
前節、ゲーム終盤に逆転のトライを奪い、チームを勝利に導いた、司令塔ボーデン・バレット選手。
今節も、逆転を演じる活躍ができたのでしょうか!?

ハリケーンズVSクルセーダーズ ハイライト動画

Hurricanes v Crusaders | Super Rugby 2019 Rd 7 Highlights

「ブルーズ(ニュージーランド)VSストーマーズ(南アフリカ)」

チーム紹介

ブルーズは、開幕3連敗を喫しましたが、第4節で、サンウルブズから初勝利を挙げると、前節、ハイランダーズ(ニュージーランド)からも勝利を挙げました。
攻撃のキーマンである、ウイング、リーコ・イオアネ選手が好調で、ここまで6トライを奪い、ブルーズの攻撃を支えています。
ストーマーズは、前節、ハリケーンズにゲーム終盤逆転を許し、黒星を喫しましたが、フォワード戦は優位にゲームを進め、ラインアウトモールはハリケーンズを大いに苦しめました。
ブルーズのバックス力VSストーマーズのフォワード力、勝利を手にしたのはどちらのチームでしょうか!?

注目選手

ブルーズ   … マア・ノヌー選手(センター)
ストーマーズ … エベン・エツベス選手(ロック)

注目ポイント

前半から、ホーム、ブルーズのバックス陣が躍動します。
特に、両ウイング、リーコ・イオアネ選手と、タニーラ・テレ選手のスピードとパワーを兼ね備えたランは破壊力抜群です。
31分、ブルーズは、自陣でのラインアウトから素早く展開し、リーコ・イオアネ選手がディフェンスラインのギャップを突破、タニーラ・テレ選手にパスが渡り、スピードとハンドオフでディフェンスを振り切り、トライを奪います。
前半は、10-6とロースコアで、ブルーズがリードして折り返します。
後半、ブルーズはインパクトプレーヤーである、センター、ソニービル・ウィリアムズ選手を投入し、リードを広げにかかります。
ストーマーズは、ブルーズの強力なバックス陣を食い止め、得意のフォワード戦に持ちこむことができたのでしょうか!?

ハイライト動画

Super Rugby Round Seven: Blues vs Stormers

「ジャガーズ(アルゼンチン)VSチーフス(ニュージーランド)」

チーム紹介

昨シーズン、初のプレーオフ進出を果たしたジャガーズ。
メンバーの大半をアルゼンチン代表が占めるジャガーズにとって、ワールドカップイヤーの今シーズンは更なる飛躍が期待されていますが、ここまで2勝3敗と波に乗り切れていません。
特にディフェンス面で、苦労しているように見えます。
2シーズン連続でのプレーオフ進出と、2019ラグビーワールドカップでのアルゼンチン代表の躍進の為にも、ディフェンスの改善は急務です。
対するチーフスは、開幕4連敗と低調なスタートとなりましたが、第5節でハリケーンズと引分け、前節、ブルズ(南アフリカ)に快勝(56-20)し、復調を感じます。
ハリケーンズ戦から、攻撃のキーマンである、ダミアン・マッケンジー選手をフルバックに起用し、ダミアン・マッケンジー選手のスピードを活かし、チームの攻撃力を高めることに成功しています。
ジャガーズは、調子が戻りつつあるチーフスから勝利できたのでしょうか!?

注目選手

ジャガーズ … ホアキン・ディアスボニーラ選手(スタンドオフ)
チーフス  … ダミアン・マッケンジー選手(フルバック)

注目ポイント

前半、ペースを掴んだのはアウェーのチーフスでした。
24分に、フルバック、ダミアン・マッケンジー選手、33分に、センター、タマア・マナ選手がトライを奪い、前半を6-17とチーフスがリードして折り返します。
シーズン前半、チーフスはディフェンス面で課題が多く見られましたが、ゲームを重ねるごとにディフェンスが改善されています。
後半、ようやくホームのジャガーズが反撃を開始します。
フォワード、バックス一体となり、どんどん前進していくアタックは、アルゼンチン代表の特徴そのものです。
果たして、どちらのチームが勝利したのでしょうか!?

ハイライト動画

Jaguares v Chiefs | Super Rugby 2019 Rd 7 Highlights

スーパーラグビー2019第7節を終えて

スーパーラグビー2019、第7節、サンウルブズはアウェーの地で、オーストラリアの強豪ワラターズを撃破(31-29)し、2勝目(5敗)を挙げました。
ワラターズは前節、ここまで負けなしの王者クルセーダーズに、今シーズン初黒星をつけたチームであり、サンウルブズにとって自信になる勝利になったはずです。
第7節を終えて、各カンファレンスとも、上位と下位の勝点差が詰まってきており、プレーオフ進出に向け、これからが戦いの本番です。
第8節も、世界最高峰の戦いから目が離せません!!

スーパーラグビー2019第8節、注目カード

・ハイランダーズ(ニュージーランド)VSハリケーンズ(ニュージーランド)
 4月5日(金) 15:35 ~(日本時間) ダニーデン(ニュージーランド)

・ライオンズ(南アフリカ)VSシャークス(南アフリカ)
 4月5日(金) 26:10 ~(日本時間) ヨハネスブルグ(南アフリカ)

・ブルーズ(ニュージーランド)VSワラターズ(オーストラリア)
 4月6日(土) 15:35 ~(日本時間) オークランド(ニュージーランド)

・レベルズ(オーストラリア)VSサンウルブズ(日本)
4月6日(土) 17:45 ~(日本時間) メルボルン(オーストラリア)

スーパーラグビー
フォローする
ラグビーが好きになるブログ