スーパーラグビー2019、「サンウルブズVSライオンズ」戦評!

スーパーラグビー2019、サンウルブズVSライオンズ

2019ラグビーワールドカップ開幕を9月に控えた、ワールドカップイヤーのスーパーラグビー2019。
サンウルブズは、前節、レッズ(オーストラリア)に後半逆転を許し、31-34で敗れました。
ホーム秩父宮での今シーズン初勝利は、お預けとなってしましました。

第6節は、セカンドホームのシンガポールに、3シーズン連続スーパーラグビー準優勝の強豪ライオンズ(南アフリカ)を迎えます。
今シーズン2勝目を挙げることはできたのでしょうか!?

サンウルブズVSライオンズ、戦評

【前半】

6分、サンウルブズは、ライオンズ陣地ゴールライン前まで攻め込み、ワイドに展開。
サンウルブズのトライパターンである、バックルラインの1番外側にNO.8、ラボーニ・ウォーレンボスアヤコ選手を配置するアタックでトライを狙います。

しかし、ラボーニ・ウォーレンボスアヤコ選手へのパスを、ライオンズのウイング、シルビアン・マフーザ選手が故意に手で叩き、トライを防ぎます。
もちろん、インテンショナルノックオンがとられ、ペナルティートライがサンウルブズに与えられ(7-0)、シルビアン・マフーザ選手はシンビンとなります。
ライオンズが1人少ない時間帯に、追加点を奪いたいサンウルブズでしたが、次の得点は数的不利のライオンズに入ります。

12分、ラインアウトモールから、フッカー、マルコム・マルクス選手がトライを奪います(7-7)。
ライオンズのラインアウトモールを、サンウルブズは一旦止めたように見えましたが、ライオンズもラインアウトモールに拘り、トライを許してしまいました。

さらに、35分にも、ライオンズは先ほどのトライと同じように、ラインアウトモールから、フッカー、マルコム・マルクス選手が2本目のトライ。
前半は、7-12とライオンズがリードして折り返します。

サンウルブズの弱点の1つである、ラインアウトモールのディフェンスを徹底的に突いてくるところに、スーパーラグビー3シーズン連続準優勝のライオンズの強さを感じます。

【後半】
41分、サンウルブズは、スタンドオフ、ヘイデン・パーカー選手のペナルティーゴールで3点を返します(10-12)。

しかし、51分、またしても、ライオンズは、ゴールライン前のラインアウトから、ラインアウトモールで攻めます。
サンウルブズもさすがに3本連続同じ形でトライを許すわけにはいかず、必死にディフェンスしますが、モールディフェンスに集中するあまり、モールのすぐ傍のディフェンスが甘くなり、ライオンズのスクラムハーフ、ニク・グローム選手に飛び込まれトライを許します(10-17)。

さらに、ライオンズは、56分に司令塔、スタンドオフ、エルトン・ヤンチース選手がトライ(10-22)。
60分には、これぞライオンズのアタック!!と惚れ惚れする、バックスラインのランスピードと鮮やかなパスワークを披露し、センター、リオネル・マポー選手がトライ、リードを広げます(10-29)。
サンウルブズも、NO.8ラボーニ・ウォーレンボスアヤコ選手が2トライを奪い、意地を見せますが、ライオンズも司令塔エルトン・ヤンチース選手が展開する、パス、キックを織り交ぜたアタックでトライを奪い、常にセーフティーリードを築きます。

最終スコア24-37でライオンズの勝利でしたが、サンウルブズにとっては、スコア以上の差を感じさせる惨敗だったように感じます。

サンウルブズVSライオンズ、動画

サンウルブズVSライオンズ、試合ハイライト

ROUND 6 HIGHLIGHTS: Sunwolves v Lions – 2019

サンウルブズVSライオンズ、サンウルブズの敗因

①ラインアウトモールのディフェンスが改善されず

前節のレッズ戦で、サンウルブズはラインアウトモールのディフェンスで苦戦し、失点を重ねました。
今節のライオンズも、サンウルブズの弱点である、ラインアウトモールのディフェンスを突いてきましたが、サンウルブズはまたしても、ラインアウトモールを止めることができませんでした。

次節以降も、サンウルブズの対戦相手は、ラインアウトモールでトライを狙いにくるでしょう。
早急にラインアウトモールのディフェンス改善が必要です。

②タックルミスからトライを許してしまう

今シーズンのサンウルブズは、接戦を繰り広げるゲームは多いですが、まだ1勝しか挙げることができていません。

スクラム、ラインアウト、ラインアウトモールのディフェンスなど、セットプレーやフォワードのディフェンスに苦戦していることが大きな原因の1つですが、対戦相手のアタックに対するタックルミスから、トライを許してしまうケースも少なくありません。

勝利を掴み取る為には、チーム全体としてディフェンスを改善する必要があります。

③スターティングメンバーと途中出場メンバーの意思疎通を

前節のレッズ戦、今節のライオンズ戦を見ていると、サンウルブズは後半の戦い方に課題があるように感じられます。

後半、交代選手が出てくると、サンウルブズはアタック、ディフェンスとも連携ミスが多く見られるようになります。
フレッシュな途中出場の選手が孤立してアタックするシーンや、ディフェンスでも途中出場の選手がペナルティーを犯すシーンが目立ちます。

途中出場の選手が、スターティングメンバーと意思疎通を行い、スムーズにゲームの流れに乗り、勝負を決める活躍をしてもらいたいです。

サンウルブズの今後の戦い

第6節を終え、1勝5敗と、2勝目が遠いサンウルブズですが、接戦のゲームが多く、チームとして上手く歯車が噛み合えば、2勝目、3勝目も期待できます。

次節は、オーストラリアの強豪ワラターズ戦です。
第2節で、ホームの秩父宮で対戦した際には、ゲーム終盤、スタンドオフ、ヘイデン・パーカー選手のドロップゴールが外れ、30-31で惜しくも敗戦しました。
ワラターズへのリベンジと、サンウルブズの今シーズン2勝目に期待です。

スーパーラグビー
フォローする
ラグビーが好きになるブログ